★おすすめ記事★

ニキビケアの為の化粧品(コスメ)選び

Pocket



ニキビケアで大切なのは洗顔、クレンジングですが

今回は基礎化粧品の正しい選び方について書かせて頂きます



基本の化粧水、美容液、乳液、クリーム

を軸に説明させて頂きます。

 

★化粧水

ニキビ体質の方がどうしても選びがちなのが「さっぱり系」

みる子も混合肌のニキビ症で、

しっとり系の油分が多そうなコスメを未だ敬遠してしまいがちなのですが、、。

 

実は、ニキビ肌にとって大事なのは保湿です。

 

「さっぱり系」の化粧水には

エタノール(アルコール)が配合されている場合があるため

乾燥を誘発しますし

コットン等で拭き取るようにされている化粧水は

使い続けると余計に皮脂の分泌を活発にしてしまいます。

 

後は

10代の方向けニキビ用コスメを

10代以外の方は使っちゃダメです。

思春期のニキビと大人ニキビでは、あきらかに傾向と対策が異なります。

皮脂を抑える成分も殺菌作用も、

 

大人が使うと肌のバリア機能を低下させてしまいます。

 

選ぶべきは

エタノール(アルコール成分)が入っておらず

「ノンコメドジェニック」

ニキビができにくい成分が

入った化粧品を選ぶのが無難と言えば無難です。

 

植物性スキンケアには

オレイン酸が配合されているため

ニキビの栄養分になってしまうのですが

「ノンコメドジェニック」にはそういった成分が入っていません。

洗顔後、

肌にうるおいを与え角質までの美容液を導く大事な役割をする化粧水、

一番、成分を確認しなければいけない化粧品です。

 

 

★美容液

美容液は目的別によって種類も様々なのですが

ニキビケアが目的である場合は

 

「保湿成分」が豊富な製品を選んで下さい。

 

もちろん、

ニキビケア専用と謳っている製品があればそれを試しても良いと思います

セラミド 抗酸化作用 ビタミンC誘導体がおすすです。

ホホバオイルもいいです。皮脂分泌を抑える作用があります。

 

 

★乳液

みる子がもっとも、恐れている化粧品、

未だこの年になっても

レギュラーになるような乳液には巡り合えておらず、

ひたすら、トライアルコスメにたよっている状態です。

 

乳液をつけてベタつく感じのある人は、

その乳液がお肌に合っていない、、。

との指摘もありますが

付ける量だったり、

湿度だったり、その時の環境も大きく左右していると

みる子は思います。

 

しかしながら

 

オイリー肌だからといって化粧水しか使用しない

というのは肌荒れをおこす原因のひとつだと考えていいと思います。

乾燥は逆に過剰な皮脂分泌を誘発し結果、

毛穴を詰まらせニキビや肌荒れの原因になります。

 

 

基礎化粧品は3ステップが王道です。

それぞれの役割が全然ちがうのです。

 

そのことについては

こちらで詳しく書かせて頂きましたので参照して下さい。
    ↓
朝と夜の正しいスキンケア

 

入れる

補う

フタをする

がスキンケアの基本です。

 

今のところ、みる子は

化粧水

美容液

保湿クリーム

といった手順で乳液は使っていませんが

乳液選びにおいても、

セラミドが配合されている製品が良いと思います

 

オールインワンタイプはニキビ肌の方には、

おすすめでき ません。

 

パック後の保湿、フタの役目として使うなら話しは別ですが、、。

まず水分を欲しているお肌に油分をいきなり与えてはダメです。

 

オールインワンタイプのコスメは

その殆どが油分に傾いています。

角質に十分な水分が補給されないと

ターンオーバーの乱れを引き起こしてしまいます。

 

ターンオーバーの乱れは

ニキビを悪化させる要因の一つです。

 

 

★クリーム

こちらも、かつて、

みる子にはあり得ないコスメの一つとして

その存在を無視し続けてきました。

 

しかし!!

最近、

みる子は運命の出会いをはたしたのであります!!

ぬか美人シリーズの保湿クリームです。

WS000000

 

すーと肌になじんでベタつきません。

驚きだったのは、翌朝の肌の状態です。

しっとり柔らかく、皮脂浮きが一切なかったんです。

朝は皮脂がおでこやTゾーンに薄っすら浮かんでいるのが常でしたが、

顔全体の水分バランスがしっかり整っていてびっくりしました。

 

使い始めて一か月たちますが、

クリームが原因でニキビが出ることはありません。

 

長年、ニキビに悩み続け、

乳液もクリームも毛嫌いし、

ニキビを作っては直しを繰り返してきたみる子がやっと、

運命の人、、。もとい

運命のクリームに出会えたんです。

 

劇的に、肌の状態が変わりました。

失われていたハリまでが蘇った気がします。

 

ニキビの原因は空気に触れるところでは繁殖しません。

クリームは角質にまで潜り込めないからです。

肌表面に付けるクリームの油分は関係ありません。

必要な油分、水分が不足しているお肌が

皮脂を浮き上がらせて毛穴をつまらせているのであって

その殆どが、クリームのせいではないという事です。

 

★クリーム選びのポイント

セラミド ヒアルロン酸 コラーゲン

これらの成分が配合されている製品を選びましょう。

補った水分を保湿し、

美白効果、

エイジングケアも期待できるのは

この三つの成分が配合されているクリームです。

 

そして、

化粧水、美容液、乳液、クリームの順で付けていくのですが

正しいケアの仕方を実践しないと効果が得られないので

こちらを参照してください。
    ↓
朝と夜の正しいスキンケア

 

かつて、みる子がそうだったように、、。

クリームを敬遠しているニキビ症の方多いと思いますが、

 

クリームは絶対!使って下さい。

 

肌に合うクリームを正しく使うことから

ニキビケアが始まる!

、、といっても過言ではないとみる子は思います。

 

 

 

 

最後までお付き合いして下さった、貴女様

ありがとうございました。

以上、コスメ歴30ウン年

みる子の「ニキビケア基礎化粧品についてお勉強したこと」でした。^^

 

 ランキングサイトにアクセスすると

関連ブログが沢山楽しめてお役に立ちますよ^^

   クリック
     ↓

カテゴリー

GENKING UV お試しコスメ アンチエイジング エタノール クレンジング ゴールデンタイム シェービング ニキビの薬 ハリキメ パック ベビーオイル ライスパワー№11 井戸田潤 保湿 洗顔 炭酸 美白 角質ケア 顔筋

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください