★おすすめ記事★

ニキビ肌の日焼け止めってなにを選べばいいの?

Pocket



ニキビが、お顔にある時の日焼け止めって気になりませんか?

今回はニキビ肌の日焼け止めの選び方

おすすめ商品などについて

書かせて頂きます。

ルナメアAC1週間お手入れキット1,000円+税

 

紫外線は美肌の大敵!

ということは

どんな肌質の方にも言えることなので すが

 

とくに

ニキビ肌の方はニキビが治りかけている部分など

通常の健康な肌より

シミになりやすいので気を使って下さい。

 

 

また逆のケースになりますが、

ニキビを気にして

「日焼け止め」を塗らずに 紫外線を浴びてしまうと、

肌は紫外線から自らを守ろうと過角化を始めます。

 

過角化が始まると毛穴がふさがって

新たなニキビを作ってしまいます。

ニキビケアに大切な保湿も紫外線を浴びることにより

水分を蒸発させバリア機能を低下させ

結果ニキビを増やしてしまう原因となってしまいます。

 

 

ニキビケアの対策としてピーリング等を施した後も

バリア機能が低下していますのでUVケアをしっかりして下さい。

 

 

以上の事から分かるように

ニキビが出来ていてもしっかりと

日焼け止めを塗ることが大切です。

 

そこで、

肌に負担をかけない日焼け止め選びを

お伝えしたいと思います。

 

2015y02m18d_143654490

 

★紫外線吸収剤が入っていないこと。

紫外線吸収剤はアレルギーのヒフ障害を引き起こす成分として

旧表示成分に指定されています。

ニキビ肌の方、敏感肌の方は避け欲しい成分です。

 

★オイルフリーであること。

油分が酸化すればニキビの原因になります。

ただでさえ日差しを浴びて皮脂分泌が促せれている状況において

余分に毛穴を詰まらせることは避けたいですね。

オイルフリーの日焼け止めはいくらでもありますから

そちらを必ず選んで下さい。

 

★無香料 無着色であること。

最近では香料、着色バッチリです!、、

という商品を見つけることのほうが難しいと思うのですが(笑)

一応気をつけて下さい。

肌への負担を軽減するという目的化において、

香料や着色は余分な成分と言えます。

 

2015y04m11d_160648739

 

日焼け止めを選ぶ際に気を付けたいこと。

「PA」 「PA++」と表示されているのを目にすると思うのですが

これらはA波(UVA)を防ぐ指標です。

「PA」 「PA++」等

+が多いほど効果が高くなります。

 

肌の奥にある大切なコラーゲンをA波は破壊します。

効果が高いものを選びましょう。

 

 

SPFは肌表面に影響を与える

B波を(UVB)を防ぐ指標です。

「SPF15」とか「SPF30」と

数値が高くなるほど効果がありますが

その分、肌への負担も大きいです。

 

 

みる子は

「SPF20、30」ほどのもの重ね付けしています。

メイクの上からでもOKの物等、

最近は便利な商品が沢山ありますよ。

 

「SPF50」以上の物は

紫外線吸収剤が含まれていることが多いので

ニキビ肌体質の方は避けた方が無難です。

(★紫外線について詳しくはこちらをクリック!)

 

みる子はゴルフの時など緊急用にしか使いません。

 

みる子のおススメは

    ↓

SPF50+PA++++UVミルク セラミドケア
 

     ↓

もうファンデーションはいらない。HANAオーガニックのウェアルーUV
 

です。

 

 

※みる子はこれでニキビをなおす!!

       ↓

肌荒れ専用コスメはコチラをクリック!!



 

参考になりましたら幸いです。

 

最後までお付き合いして下さった、貴女様

ありがとうございました。

以上、コスメ歴30ウン年

みる子の「ニキビ肌の為の日焼け止め選びについて」でした。^^

 

 

ランキングサイトにアクセスすると

関連ブログが沢山楽しめてお役に立ちますよ^^

   クリック
     ↓


にほんブログ村

カテゴリー

GENKING UV お試しコスメ アンチエイジング エタノール クレンジング ゴールデンタイム シェービング ニキビの薬 ハリキメ パック ベビーオイル ライスパワー№11 井戸田潤 保湿 洗顔 炭酸 美白 角質ケア 顔筋

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください