★おすすめ記事★

ビタミンC誘導体の効果とは?

Pocket



よく耳にする「ビタミンC誘導体」ですが

実際、どのような働きをするのか?

、、が今回のテーマです。

 

ビタミンCは抗酸化作用や

美白の効果に欠かせない美容成分ですが

成分自体が壊れやすいため、これを何とか

肌へ浸透させようと人工的に改良されたのが

ビタミンC誘導体です。

また、皮膚への浸透力プラス、皮膚内に浸透してから

さらにビタミンCに変化するという性質も持っています。

 

そんな「ビタミンC誘導体」ですが

水溶性、油溶性、そのどちらも、、と活躍の場は多様なようです。

 

水溶性の場合

お肌に浸透しやすく、

その多くは化粧水や美容液に使用されています。

リン酸型ビタミンc

アスコルビン酸グルコシド

アスコルビルエチル 等です。

 

 

油溶性の場合

本来、水溶性である

ビタミンCを化学的に油と結合させて

エマルジョンやクリームに配合させた物。

テトラへキシルデカン酸アスコビル

ステアリン酸アスコビル  等

 

 

水溶性、油溶性両方の場合

親水性、親油性があり、さらに浸透力が高まった物。

アスコルビン酸2リン酸6パルミチン(APPS)

 

WS000014

 

 

その効果は

抗炎症作用でニキビを防ぎ

出来てしまったメラニンに働きかけ色素沈着を防ぎ、

皮脂分泌のコントロールをし、お肌をなめらかに

新陳代謝を促しターンオーバーを正常化します。

また、

分子が小さくなったタイプのビタミンC誘導体なら

イオン導入目的の美顔器等を用いれば

真皮でコラーゲンの生成に働きかけ

エイジングケアにも効果が期待できるでしょう。

(※詳しくはコチラをクリック!!)

 

 

美容には、嬉しいことばかりなのですが、

やはり、メリットがあればデメリットもあるわけで、、。

 

皮脂をコントロールするといった側面からは

もともと乾燥肌ぎみの方には注意が必要です。

 

乾燥が招く肌トラブルは深刻です。

普段、乾燥が気にならない方でも

季節や環境によっては注意が必要でしょう。

トライアルコスメ等で

まずはテストしてみることが大事だと思います。

(※みる子ちょ~~おすすめの

美白も出来るニキビ専用コスメはコチラをクリック!)

 

 

最後までお付き合いして下さった、貴女様

ありがとうございました。

以上、コスメ歴30ウン年

みる子の

「ビタミンC誘導体についてお勉強した事」でした。^^

 

 ランキングサイトにアクセスすると

関連ブログが沢山楽しめてお役に立ちますよ^^

   クリック
     ↓


にほんブログ村

カテゴリー

GENKING UV お試しコスメ アンチエイジング エタノール クレンジング ゴールデンタイム シェービング ニキビの薬 ハリキメ パック ベビーオイル ライスパワー№11 井戸田潤 保湿 洗顔 炭酸 美白 角質ケア 顔筋

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください