★おすすめ記事★

ヒアルロン酸とスーパーヒアルロン酸の効果と働き

Pocket



ヒアルロン酸の効果は

肌にどのような働きがあるのか?

スーパーヒアルロン酸とは何が違うのか?

についてが今回のテーマです^^

 

 

ヒアルロン酸はどうして化粧品に使用されているのでしょうか?

 

 

それはヒアルロン酸が

角質層の水分を保持し

蒸散を防いでくれる、、と期待されているからです。

 

すべてのスキンケアの基本となる保湿を

ヒアルロン酸という成分からお勉強していきましょう。

 

WS000002

 

ヒアルロン酸はもともと体内にある成分です。

眼球の中にある硝子体の成分として発見されたものです。

Nーアセチルグルコサミンと

グルクロン酸とによって構成された高分子物質です。

 

水分保持のため、

人体を形どるうえで必要不可欠な成分です。

 

細胞と細胞の間に多く存在し

水分保持やクッションのような役割で肌を守っています。

 

高い保湿性 水分保持力を持っているヒアルロン酸を

化粧品に使用しているケースは沢山ありますよね。

 

しかしヒアルロン酸は角層より下に浸透しません.。

分子量が大きすぎて

肌のバリア機能を通過出来ないからです。

バリア機能を通過できる分子量は500~1000程度。

 

ヒアルロン酸は数万~500万

イメージとしては

ヒアルロン酸がバレーボールだとすると

肌のバリア機能を通過できる球体は、

ビー玉いや、もっと小さいビーズ?

この辺の正しい計算は数学苦手なんでお許し下さい(笑)

とにもかくにも、そのようなイメージでして、通過出来ません。(汗)

 

 

 

ここで最近よく耳にする

「スーパーヒアルロン酸」のお話しになりますが、

 

正式名「アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム」といいます。

化粧品のビンの裏に表記されている項目に

「アセチルヒアルロン酸Na」と記載のあるものが

スーパーヒアルロン酸使用になります。

 

普通のヒアルロン酸と

スーパーヒアルロン酸との

違いはなんなのでしょうか?

 

ヒアルロン酸とスーパーヒアルロン酸では分子量が違います。

スーパーヒアルロン酸のほうが分子量が小さいのです。

 

かといって角層は抜けられません。

しかし

普通のヒアルロン酸に比べて、保湿力は2倍、

油と馴染みがいい「親油性」を持つことから皮脂膜との相性もよく

潤いを肌に長時間にわたって保ってくれるという大きな特徴があります。

 

 洗顔後これ1つで”素肌美人”へ

 

スキンケアにおいて、なにが一番大切なのか、、。

それは

「保湿」

これに尽きます。

 

生体成分だからと言って、

そのまま肌に浸透して働くことはありませんが

ヒアルロン酸は角質層において大切な保湿を

「表面に膜をはる事によって」守っているのです。

 

いずれにせよコスメに入っていて嬉しい成分です。^^

 

 

 

それでは、今回はこの辺で、、。

最後までお付き合いして下さった、貴女様

ありがとうございました。

以上、コスメ歴30ウン年

みる子の「ヒアルロン酸についてお勉強してこと」でした。^^

 

 

 

ランキングサイトにアクセスすると

関連ブ ログが沢山楽しめてお役に立ちますよ^^

   クリック
     ↓


にほんブログ村

カテゴリー

GENKING UV お試しコスメ アンチエイジング エタノール クレンジング ゴールデンタイム シェービング ニキビの薬 ハリキメ パック ベビーオイル ライスパワー№11 井戸田潤 保湿 洗顔 炭酸 美白 角質ケア 顔筋

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください