★おすすめ記事★

EGF(Epidermal Growth Factor)コスメは選び方が重要です。

Pocket



今回は、

みる子がトライアルした成分EGFについてです。

 

実際にEGFを使用した体験談はコチラをクリック!

EGFとは、

「Epidermal Growth Factor」の略で、「上皮成長因子」「細胞再生因子」

などとも呼ばれています。

 

上皮細胞を再生させる因子のことを指します。

EGFは皮膚や骨、

筋肉などの細胞の成長や代謝を調整する機能を持ったタンパク質で、

医療分野でも広く使われています。

 

要するに 

ダメージを受けたお肌を再生させる働きがある成分なんですね。

 

再生、すなわち!

新陳代謝を高めて

ターンオーバーをよりスムーズにする効果があるということです。

 

古い角質を長期にわたり温存することがなくなるということは単純に

肌のごわつきや吹き出物などのトラブルも少なくなるということですよね。

 

だが、しかしっ!!

ターンオーバーを促進し肌トラブルやアンチエイジングを目的とするならば

何も高額なEGFにこだわらなくても

化粧水やパックにその効果が推奨されている商品を使用することで

十分ではないか、、?とお考えの方もおられると思いますが、

かつてEGFはやけどなどによるケガの治療や、

角膜を切開した際の傷の回復を早めるために使われていた成分です。

上皮細胞を再生することに関しては

他の成分とは線引きするべきだとみる子は思います。

EGF自体の効果は化学的に実証せれています。

そんなEGFですが

商品化されてからは選び方に少々注意が必要なようです。

 

EGFが化粧品に含まれる際の名前は、「ヒトオリゴペプチド-1」です。

必ずパッケージの配合成分を確認し「ヒトオリゴペプチド-1」、

と記載されているか確認しましょう。

確認出来ない商品はEGFとうたったものでも、

それに似た成分を配合させているだけの場合も多いのです。

 

後は含まれる量も大切な要素です。

1ml中に0.1μmg以上配合が基準値となっており、

これを下回った場合はEGF配合化粧品とは言えません。

基準値に満たない配合量で、

EGF協会からの認定シールや認定マークがない化粧品は、

粗悪品の可能性もありますので注意が必要です。

 

 

注目度の高いEGFですが

効果を実感するためには正しく選ぶ必要があるみたいですね。

 EGF美容液ならセルビック

次回はEGFとセットで使用すると最強パワー!

FGFについて書かせて頂いた記事はコチラをクリック!

 

それでは、この辺で、、。

 

最後までお付き合いして下さった、貴女様

ありがとうございました。

以上、コスメ歴40ウン年

みる子の「EGFについて勉強したこと」でした。^^

ランキングサイトにアクセスすると

関連ブ ログが沢山楽しめてお役に立ちますよ^^

クリック


にほんブログ村

カテゴリー

GENKING UV お試しコスメ アンチエイジング エタノール クレンジング ゴールデンタイム シェービング ニキビの薬 ハリキメ パック ベビーオイル ライスパワー№11 井戸田潤 保湿 洗顔 炭酸 美白 角質ケア 顔筋

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください